1. HOME
  2. ブログ
  3. 副業
  4. 中国のパートナーが日本まで遊びに来ました。

blog

副業

中国のパートナーが日本まで遊びに来ました。

中国にいる私のビジネスパートナーが急遽来日することになりました。

「明日、日本に行きます。つい先ほど決まりました。勉強会と懇親会をやりましょう。」

(おいおい、何考えてんだよ。明日って突然過ぎるだろ???そんな急に言われても人集まんないから!!!)

連絡を受けすぐさまLINEグループで生徒さんたちに連絡。突然なのに加え、平日なので声をかけてもどうせ人が集まらないと思っていました。

が。。。

思いの外、たくさんの人が参加することになりました。簡単に私のパートナーを紹介します。中国人ですが、日本語を流暢に使いこなします。化粧品会社コーセーの中国杭州にある支社で7年ほど通訳の仕事をしていました。

(写真は1年前の写真。元の職場、コーセーの前。)

日本に住んでいた経験もあります。話すと分かりますが、イントネーションも完全に日本人と同じなので言われなければ中国人だと分からないと思います。

「あざーっす!!!(ありがとうございます)」や「さーせん!!!(すみません)」など日本人特有の略語も使いこなします。(どこで学んだんだ???)

私や生徒さんとのやり取りはすべて日本語です。中国と日本でそれぞれ法人を持ち、転売ビジネスで成功を収めています。中国では今、30名程度の従業員を雇っています。僕が一年近く前に中国の会社まで遊びに行った時には20名程度でしたから今なお急成長をしています。

(写真は1年前の写真。彼女以外は皆彼女の会社の従業員です。今はこの時よりもひと回り大きくなっているとのこと。稼ぎまくってます。)

Amazon、ヤフオク、メルカリ等、いくつかの媒体を使用しながら中国の製品を日本で流通させることで大きな収益を上げています。彼女が大成功しているのは、いわゆる『中国輸入ビジネス』になります。

日本で中国輸入ビジネスをしている人はたくさんいますが、彼女の右に出る者は一人としていないと断言してもいいでしょう。多少日本で成功しているとは言っても所詮は日本人。どれだけ成功している人だとしてもタオバオやアリババをはじめとした中国サイトを正確に読める人はほとんどいないでしょう。それと比べて彼女は中国語の読み書きができるのに加え、中国の市場で現地の人間と互いに母国語を使いながら際どい交渉もできます。

日本語についても我々が使う日本語と遜色なく使いこなす訳ですから有利なのは言うまでもありません。そんな中国輸入のスペシャリストである彼女が丁寧に日本語で研修をしてくれました。

  • Amazonで大きく稼ぐためのとっておきの手法
  • 売れる商品ページの作り方(写真の撮り方・説明文の作り方・キーワード設定について)
  • ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリを活用したビジネス
  • ここ最近、売れている中国商品
  • 絶対に扱うべき利益率の高い商品

ホワイトボードを使って約2時間、みっちり研修してもらいました。

中国輸入ビジネスでは日本一と言っても過言ではない実績を持つ彼女の言葉にはそのひとつひとつに説得力があります。私も含めとても勉強になりました。研修後はみんなで楽しく懇親会。勉強会は平日の日中だったため、懇親会からの参加者が多数を占める懇親会となりました。この日はほとんど皆さん会社員の方でしたのでマスキングさせていただいています。

翌日には月例になっている輸入ビジネスの社長仲間との懇親会もあったのでこちらにも飛び入り参加。

最終日は羽田行きのバス乗り場のホテルまでお見送り。

ほんとに急な来日だったため、ドタバタで2018年のスタートを迎えることとなりましたが、ここ最近ようやく立て直しができてきました。

今年も仲間と一緒に全力で稼いでいこうと思っています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事