1. HOME
  2. ブログ
  3. 副業
  4. 中国輸入ビジネスと単なる転売ビジネスとの違い

blog

副業

中国輸入ビジネスと単なる転売ビジネスとの違い

メルカリの転売塾が流行っています。コンサル料は30万。

「メルカリなんて家にある不用品をインターネットで売るだけでしょ?さすがに30万はぼったくりでしょ?そんな仕組みがシンプルで単純なものに高い授業料を払ってまでひとから教わる人なんているの?」私は素直にこう思ってしまうのですが、意外にも結構な人数の方がコンサルを受けているようです。塾長を名乗る人がYouTubeで動画を配信していたのでどんなものか見てみたところおおよそのコンテンツが分かりました。

  • コンサル生の自宅に行って不用品を一緒に探して売る。「これ、メルカリで出せば売れますよ」
  • 楽天やAmazonで購入した商品をヤフオクやメルカリで売る。先にメルカリで商品ページを作って注文が入った後で楽天やAmazonで購入。発送先をメルカリ購入者とする仕組みをもってして「無在庫転売」を名乗ってたりします。

まず、コンサル生の家に直接行くというのに驚きますが、それはひとまずわきに置いて。日本で売っている商品を仕入れて同じ日本で売る。その方法を教えます。こんなしょうもないことを教えるのに30万もの高値で売って生計を立ててる人がいることが世の中にいることにも驚きますが、こんなしょうもないコンテンツを買う人が相当な数でいるのも事実です。私が生徒さんに教えているのも転売になります。安く仕入れて高く売るという構造は確かに同じかもしれません。ただし仕入れ先は物価が大きく異なる中国になります。価格差が大きく取れる分仕入れる場所が異なるというだけでも大きな違いですが違いはそれだけではありません。

〇 中国輸入で得られるもの

月10万円程度の副収入が得られます。価格差が大きくとれる中国から仕入れる訳ですから、安い商品を仕入れて日本で売るだけなので誰でも簡単に稼ぐことができます。安く仕入れて高く売るだけなのでいたってシンプルな仕組みです。月10万円程度を稼ぐいわゆる副業レベルであればこの単純な転売でも何も問題はありません。副業なので収益をその程度で意図的にとどめておくというのもひとつの手だと思います。ただし、輸入ビジネスの面白さはこれだけにとどまりません。

〇 オリジナル商品が作れるようになる

中国の安い原材料や商品を使った自社独自のオリジナル製品を作って販売することもできるようになります。オリジナル商品を作って販売するようになると単純転売だけしかできない業者は真似をすることができないので参入することができません。他から参入されないということは価格競争に巻き込まれないということになりますのでより安定した収益を出すことが可能になります。ライバルがいないということはより大きな収益を上げることが可能になります。

〇 社会に価値を提供できるようになる

オリジナル商品が作れるようになると副業レベルの規模にとどまらず企業相手のビジネスも十分可能になります。単なる転売という枠組みから外れてメーカーさんのような動きがとれるようになるからです。「今より安く商品やモノを作りたい」と思っている企業や団体はたくさんあります。

例えばこんなことができたら嬉しくありませんか?

  • 年末年始の挨拶回りの際、いつも何気なく配っている年賀タオルやボールペンなどのノベルティや販促品を日本じゃなくて中国で手配してコストを半分にする。
  • タオルやボールペンなどのありきたりなものに代わってもっと豪華なタオルや日用品を同じコストでオリジナリティをもって提供することで会社を印象付けられる。

利益を出すのが苦しいと言っている経営者はたくさんいます。「利益=売上―経費」であり、利益を上げるためには売上を上げるのと経費を下げるのとの両方が大事になります。売上を伸ばすのはとても大変なことです。市場をよく知るためマーケティングが必要になります。従業員に対して教育も必要です。消費者にアピールするための広告費もかかります。とにかく大変です。一方でコストを抑えるのはどうか?コストを抑えるのは売上を伸ばすほど難しくはありません。「そこまで手が回らない」「安くする術が分からない」という安易な理由だけで高いコストの支払いを続けているケースが多くあると思っています。しかし、会社経営にとってコストの抑制は売上を上げるのと同じだけの効果があります。副業から始めてオリジナル商品が作れるようになれば企業のコスト抑制のお手伝いができるようになります。

〇 まとめ

私がコンサルしている内容は中国輸入ビジネスです。個人の方を相手とした副業目的がメインです。価格差が大きく取れる中国から仕入れて物価の高い日本で売るだけですから月10万程度であれば誰でも簡単に稼ぐことができます。安く仕入れて高く売る。仕入れる場所が海外だというだけで今流行りの『メルカリ転売塾』と大きく変わりません。しかし、オリジナル商品を作って社会に価値を提供するようなことが『メルカリ転売塾』で身につけたスキル、楽天やAmazonで購入した商品をメルカリやヤフオクで売ってお金を稼ぐことで身に着けるスキルでできるか?

残念ながら答えはNoです。

国内で完結する転売はどこまでいっても所詮ただの転売に過ぎません。仮に単純な転売だとしても自分の力でお金を稼ぐことはただそれだけで純粋に楽しいものです。アルバイトや正社員として会社からお金を貰うのとはまた違った面白さがあります。私自身、副業として稼ぎ初めたころは楽しくて楽しくて仕方がなかったという感覚があったのを今でも覚えています。繰り返しになりますが、月10万円程度であればこの単純な転売でも問題なく稼ぐことができますし、ビジネスの醍醐味を味わうこともできます。ただ『もっと稼ぎたい』『起業を見据えてもう一歩先にもチャレンジしたい』『ただの転売ではもの足りない』という方にとっては輸入ビジネスはとても面白いコンテンツだと思っています。

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事